電動工具の査定で不利にならないためには

電動工具の査定をしてもらう際に、色々と問題があると買取金額の方を減額されてしまう恐れがあります。したがって、できるだけ高値で買い取ってもらうためにも、査定に不利にならないよう対策しておく必要があります。

できるだけ綺麗な状態を保ちたい

どうしても電動工具という製品は、傷や汚れが付きやすいものです。ただ、やはり見た目がいい方が査定でも高値でつきやすくなるので、できるだけ綺麗な状態を保ちたいところです。使用後に軽く汚れを拭いたり、箱の中にしっかりと保管しておくなどして、普段からメンテナンスを行っておきましょう。

付属品を無くさないようにする

電動工具は付属品の重要性もかなり高いですから、絶対に無くさないようにしましょう。1つでも足りなければ買取価格が大幅に下がってしまう可能性もあるため、本体と一緒にいつも保管しておくことが大切です。むろん、付属品に関しても綺麗な状態を保っておきましょう。

査定の前には隅々まで掃除をしておく

電動工具を査定に出す前には、隅々までしっかりと掃除をしておくようにしましょう。特に、細かい部分の汚れやホコリ、見えにくいところのサビなども忘れずに綺麗にしておきましょう。ただ、どうしても落ない傷や汚れなどは、無理に落とそうとすると余計に悪化してしまう恐れがあるので、その場合はそのままの状態で問題ありません。

マイナス要素は極力なくしておきたい

正直なところ、よっぽど査定に関わる問題がなければ、そこまで買取金額が大きく変動するわけではありません。しかし、業者によってはかなり厳しく査定をするところもありますから、マイナス要素は極力なくしておくのが望ましいですし、まして価値の高い電動工具であれば尚更です。

電動工具の見積もりで注目したいポイント

電動工具を実際に買い取ってもらう前には、見積もりをしてもらって大まかな金額を提示してもらうことになります。むろん、それが最終的な買取金額になるわけではありませんが、少なくとも大きな参考材料にはなるでしょう。そして、見積もりをしてもらった際には注目したいポイントもいくつかあります。

買取相場とかけ離れていないか

どの電動工具にも買取相場というものがありますが、見積もり金額が相場とかけ離れている場合には、その理由を問い合わせるようにしましょう。もしかしたら、業者側が入力内容を見落としていたり、逆にこちらが入力を誤っている可能性もあるので、しっかりと確認をしておきたいところです。

見積もり金額が高い場合も要注意

見積もり金額が明らかに低い場合はもちろんですが、逆に金額が高い場合も注意しなければいけません。業者によっては、他社との競争に勝つために見積もり金額を高めに算出するところもあったりします。しかし実際の買取では、ちょっとしたことで次々と減額をして、最終的には他の業者よりも買取価格が安値になってしまうパターンもあるのです。

むろん、納得できなければ買取をキャンセルすることもできますが、時間の方も勿体無いですから、高い低いに関わらず見積もり金額で異常な業者は利用を控えた方がいいでしょう。

何より大事なことは複数業者に見積もってもらうこと

そして何よりも大事なことは、複数の業者に見積もりをしてもらい、それぞれの見積もり金額をしっかりと比較するということです。それによって、優良ショップを見つけることができるだけでなく、おかしな金額を提示する業者を見分けることも可能となります。もちろん、また次回に買取をお願いする際にも役立てることができます。